ラインでの様々な交流


ラインは出会う事が難しいアプリだと言う人もいるかもしれません。実際的に普通の利用法ですと面識のない人とは中々会いずらいかと思います。しかしちょっとした工夫をすれば、容易に出会い系のアプリとして利用する事が出来る様になります。今回はラインを出会いの場とするための方法を書いていきたいと思います。

まず、友達紹介をしてもらいやすいということ。友達からメル友を紹介してもらうなんていう事は中々ハードルが高いですよね、通常はリアルで仲良くなって其処からアドレスを交換する物ですから、もし紹介されたとしてもお互い遠慮かちに成って続きにくいという事ももあるかと思います。

しかし、ラインの場合友達と成る時には其処までハードルは高くありません。ネット上の友達を一人増やすだけですし、又気軽に雑談出来ると言う事もあるかと思います。ですのでメル友寄りはライン友達の方が作りやすいのではないでしょうか。

そしてライン掲示板と言う物がありません。友達に紹介してもらうのは少し…と思う方は一度ライン掲示板を覗いてみれば如何でしょう?ライン掲示板とはラインの中で会話を楽しみたい人や出会いたいと思っている人たちがあつまる所です。簡単なプロフィールと一緒にラインのIDが記載されており其処から友達になれる場所です。

又、コミュニケーションをするにあたって、ラインだけで行こうと思うのは中々難しいと思った場合は、他にも通常の掲示板やツイッター、フェイスブックや出会い系等様々な機能を併用して色々な出会いを探してみても良いかもしれません。色々な組み合わせを試して良い出会いを見つけてみて下さいね。

後悔しないために年齢確認はしよう

LINE掲示板は利用者が増えていますが、そこには犯罪に関わってくる危険もあると言われています。

もちろん普通は騙されて被害に遭わないように注意しなければならないのですが、実は自分が知らない間に加害者になってしまう危険もあるのです。

もちろん誰だって被害者にはなりたくないですし、加害者にもなりたいとは思わないでしょう。

どういったケースで犯罪の加害者になってしまうかというと、それは未成年の相手と性的な行為をしてしまう場合なのです。

相手が未成年だった場合には、後からどういった言い訳をしたとしても、犯罪となってしまうのです。

もちろんそこではお互いに同意があったでしょうが、それも意味はないと思ってください。

最悪の場合には、相手が同意していたにも関わらず、無理矢理だったと言い出すかもしれないのです。

相手の年齢を気にしても、実は誤魔化している場合があるのです。

未成年では相手にされないと知っていますから、聞いただけでは信じられない場合もあるのです。

もしも実際に会ったときに若いと感じたならば、そこでもう一度年齢を確認した方がいいでしょう。

その一手間を省いてしまったために、後になって警察のお世話になることだって考えられるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ